理事プロフィール

神直子(じんなおこ)代表理事

NaokoJin1978年生まれ。2000年にフィリピン体験学習に参加 (雨宮剛現青山学院大学名誉教授主宰)した際、未だ戦争の傷が癒されないたくさんの人々と出会い 「戦争はまだ終わっていない」と実感。一般企業人事企画本部 勤務後、NPOに転職。2004年にブリッジ・フォー・ピース を立ち上げ、現在、代表理事を務める。都留文科大学非常勤講師。

著書に『ビデオ・メッセージでむすぶアジアと日本―わたしがやってきた戦争のつたえ方』(梨の木舎)、共著に『私たちが戦後の責任を受けとめる30の視点』(合同出版)、『未来の入会(いりあい) コミュニティ・コモン―市民がつくる地域力拠点 街を元気にする事例』(NPOメディアネットワーク)。

鈴木佑輔(すずきゆうすけ)副代表理事

1980年生まれ。20yusuke01年に日本インド学生会議に実行委員長として参加。
援助などする、されるなどの関係ではなく、友人や仲間として人間関係を築くことが好き。
2007年からインド人の友人と漫才で国際理解に取り組む。
インパール作戦に従軍した実祖父の戦場での心情に関心を持ち、「実の祖父が人を殺したのか、どうして殺したのか」を知るために数年かけて聞き取り、2006年に友人らと共にその話を聞く会を開催。同時期に神と出会う。
飼料穀物の輸入業務などを通じて、経済活動など戦争の構造問題に関心を持つ。
現在は世田谷ボランティア協会に勤務。住んでるまちでもっと遊ぶための仕掛けづくりに熱中している。

淺川和也(あさかわかずや)理事

asakawa1958年生まれ。高等学校での教職を経て、東海学園大学教授。大正大学文学部哲学科卒業。
コロンビア大学ティーチャーズカレッジ大学院修了(MA)。「平和教育地球キャンペーン」(Global Campaign for Peace Education, GCPE)に参加し、平和教育の国際的な活動に携わっている。また、「武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ」(GPPAC)の平和教育専門グループに加わるなど、<歴史に学び、現在そして未来をつなぐことが平和の礎になる>をモットーに、平和教育をライフワークとする。

共著に『地球市民への入門講座』三修社、『学習の転換』国土社、共訳に『平和をつくった世界の20人』岩波ジュニア新書、 『戦争をなくすための平和教育』明石書店など。

中野聡(なかのさとし)理事

一橋大学社会学部/大学院社会学研究科教授。社会学博士。神戸大中野聡(なかのさとし)理事学専任講師・助教授、一橋大学社会学部・社会学研究科助教授を経て、2003年より現職。フィリピン大学歴史学科客員研究員(1994-95年)/コロンビア大学ウェザーヘッド東アジア研究所客員研究員(2005-06年)

アジア・太平洋の国際史を、米国・フィリピン・日本の関係を軸に研究。NHK「その時歴史が動いた」にも出演するなど、フィリピン戦を多角的に分析するその研究には定評がある。

オペラ鑑賞好きの、BFPの発足当初からの良き理解者。

著書に『歴史経験としてのアメリカ帝国―米比関係史の群像』(岩波書店)、『フィリピン独立問題史―独立法問題をめぐる米比関係史の研究』(龍渓書舎)、『日本占領下のフィリピン』(岩波書店)、『東南アジア占領と日本人』(岩波書店)など。

畑江奈つ希(はたえなつき)理事

natsuki1991年生まれ。恵泉女学園大学卒業。大学1年次にブリッジ・フォー・ピースと出会い戦争体験者の生の声を聴き、初めて知った日本の戦争の歴史に衝撃を受ける。
以来、元日本兵・戦争体験者への取材、ワークショップ、高校・大学でのワークショップ授業や国外での活動に携わる。

 

 

 

浅井久仁臣(あさいくにおみ)監事

浅井久仁臣(あさいくにおみ)監事1947年生まれ。元AP通信(米)記者。フリーランスの戦争取材特派員としてTBSテレビ等と契約、30余年間世界各地の戦(紛)争を取材。中東問題専門家。

2012年、故郷岡崎の山間部に移住。長年の報道現場や、大規模災害現場での経験に基づく講演活動およびワークショップ指導を行っている。

著書に『魔術的カケヒキ学―国際舞台で磨いた交渉術』 (センチュリープレス)、パレスチナは戦争館 (センチュリー・プレス)、レバノン内戦従軍記(三一書房)など。BFP刊の冊子「戦争は作られる」の共著者。

大島俊明(おおしまとしあき)監事

1949年生まれ。愛知大学大学院経済学研究科修士課程修了。税理士・行政書士。1979年に大島俊明税理士事務所を開設し、現在に至る。

兼職として、株式会社オリバー監査役、愛知大学同窓会監事、NPO法人全国家庭教育支援センター監事、愛知大学校友センター監事を務める。

 

 

 

Share on Facebook