女学生の見た戦争-戦争体験者と初zoom!

「今の時代、誰かが中学生みんなに学校を休ませて工場に連れてゆき、一日中働かせたら、その人は逮捕されますよね。でも、昭和19年の日本政府はそれを命令したのですよ」

中谷久子さんは、こう語ります。

中谷さんは、女学校時代に
「天皇陛下のおん為に、工場で兵器を作る仕事をさせていただく事に決定した」
と告げられ、動員された経験をもつ戦争体験者です。当時、危険な作業工程の過程で指をなくしたり、即死した例もあったと言います。

大人が戦争へ行ってしまうと、軍需工場で働かされたのは、13歳から16歳の子供達でした。しかも、政府命令で児童労働が強いられていた
のです。

今とは全く異なる戦時下の世界。
当時を知る中谷久子さんからお話をきき、これからの未来を一緒に考えてみませんか。

日 時:2021年1月10日(日)10:30〜12:00
定 員:10名
参加費:BFP会員は無料。まだ会員でない方は…
    こちらから登録して頂ければ、直後に無料でご参加頂けます。
 
   会員以外は、1回1000円でご参加頂けます。
   こちらのサイトをご確認いただき、振込み又はクレジット決済
   (ワークショップ3回分からお支払可能)をお願いします。

Share on Facebook

参加お申込みフォームはこちら
参加お申込みフォーム
よくあるご質問はこちら