被爆証言から核廃絶へ「私の被爆体験とその後の世界の核兵器開発状況」

BFP東京ワークショップ
被爆証言から核廃絶へ「私の被爆体験とその後の世界の核兵器開発状況」

今回は広島での被爆体験、そしてピースボート「証言の航海」で世界中を回って証言と交流を続けて来られた三宅信雄さんと小谷孝子さんに来ていただき、その体験をお聴きし、一緒に考えます。昨年のI canノーベル平和賞受賞のきっかけを作った被爆者たちです。

日 時:2018年9月2日(日)午後1時30分より4時30分
場 所:文京区民会議室( 文京シビックセンター5階)5D会議室
文京区春日1-16-21
文京シビックセンター(区役所)5階
https://goo.gl/maps/3ezt9T5JtAz
後楽園駅(5番出口)徒歩1分, 春日駅1分, JR水道橋駅9分
報告者:〇三宅 信雄さん
     埼玉県原爆被害者協議会(しらさぎ会)
     16才の時、広島の爆心から1.8kmの市電の中で被爆
    〇小谷 孝子さん(腹話術も使って)
     八千代市原爆被爆者の会理事(非核特使)
     6歳の時、広島の2.5kmの地点で被爆
参加費:1000円(学生500円)
申込み:http://bridgeforpeace.jp/workshop/workshoprequest/
主 催:ブリッジ・フォー・ピース(http://bridgeforpeace.jp/)
問合せ:斉藤由美子 ysringochan5[@]gmail.com

Share on Facebook

参加お申込みフォームはこちら
参加お申込みフォーム
よくあるご質問はこちら