メモラーレマニラ報告&今泉監督講演&石田甚太郎さんの遺言上映

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

2017年の終わりに東京では久々のワークショップを開催します。
大学生によるメモラーレマニラ参加報告とフィリピン・バギオ在住で毎年12月8日前後にアジア太平洋国際平和慰霊祭と平和フォーラム、映画祭を開催してきた今泉光司さん(映画監督・NPO法人サルボン)にお話しいただき、BFPとも縁の深い作家石田甚太郎さんの映像を観ます。

今泉さんは、昨年12月に94才で亡くなられた作家の石田甚太郎さん(『ワランヒヤ(恥知らずの意味)』や『殺した殺された』などの著書がある)の仕事を道標としてきたと言います。石田さんは虐殺を実際に行った元日本兵と、当時家族を目の前で殺されたフィリピン人犠牲者の遺族や生き残りの、両方の証言を突き合わせるようにインタビューしています。

その石田さんが遺してくれた「遺言」をぜひご一緒に!

日時:12月17日(日) 13:30~17:00
会場: 専修大学神田キャンパス
1号館5階ゼミ56教室

【1部】メモラーレマニラ (19分)と金子聖奈さんの報告
【2部】今泉さんのお話しとDVD「石田甚太郎さんの遺言~戦争の事実を知ってほしい」(21分30秒)

今泉さんには、日本兵遺族の慰霊祭「比島観音例大祭」 のビデオも織り込みながら、お話しいただきます。
今泉さんによると、昨年から戦争を「軍部が行った無責任な戦争」というように批判し始めたそうで、慰霊祭は来年で最後にするという発表があったとも。
このあたりも一緒に考えたいと思います。
ご参加お待ちしています。

参加費: 学生500円 一般1000円
申込先:http://bridgeforpeace.jp/workshop/workshoprequest/

問合せ先: 斉藤(ysringochan5*gmail.com)
*を@に変えて送信してください。

Share on Facebook

参加お申込みフォームはこちら
参加お申込みフォーム
よくあるご質問はこちら